TOPに戻る

about


デザイン制作上の注意

データ形式は.psd .ai .eps .jpg .png .tiff .bmpに対応。

Adobe Photoshop CS4まで(.psd / .eps)
Adobe Illustrator CS4まで(.ai / .eps)

.jpg .png .tiff .bmpデータにも対応

※フォントのアウトライン化を忘れないようにお願い致します。
※jpgデータの場合は解像度にご注意ください。250dpi以上の解像度をお勧めしています。
※デザインは、CMYKデータにて作成してください。RGBデータの場合、プリンターが自動的にCMYKデータに変換する際、色味が変わってしまうことがございます。ご注意ください。

※その他のデータの場合はご相談ください。



画像のサイズは、A3サイズの範囲内で。


デザインの最大プリントサイズはバッグのサイズごとに異なります。

Sサイズ:横22cm×縦14cm

Mサイズ:横30cm×縦25cm

Lサイズ:横42cm×縦27cm


最大プリント以外のワンポイントのお客様は以下の大きさを参考にしてください。
Sサイズ:9cm×9cm

Mサイズ:12cm×12cm

Lサイズ:15cm×15cm


データはプリントの予定実寸と同じであることが望ましいですが、もしデータの編集が難しい場合は、プリント希望の大きさの縦幅を「縦~センチ」と備考欄に御記載ください。ご希望の縦幅に合わせて画像を拡大・縮小しプリントいたします。

LサイズとSサイズなど、バッグのサイズが大きく異なる場合に、プリントの大きさをバッグのサイズによって変更したい場合は、一番大きなバッグに合わせてデータを作成してください。

備考欄に、「Lを100%として、Sは75%」というように御記載ください。

印刷位置は一箇所のみとなります。フォームに従い、印刷箇所をお選びください。

プリント位置に指定がございましたら備考欄にその旨を記載ください。


お問い合わせ   >



プリントの色味はトートバッグの地色が出ます。


【バッグの色味によるプリントへの影響について】
淡色系バッグにプリントする場合は、デザイン上の白い部分が、バッグの地の色になります。

プリントの出来上がりイメージは、バッグが白であれば、白い紙にインクジェットプリントするような仕上がり、カラーのバッグにプリントする際は、色画用紙にインクジェットプリントをするイメージなので、下地の色が仕上がりに多少影響することをご了承ください。

【抜染(バッセン)に関して】

濃い色のバッグの上にうすめの色を乗せる場合、 抜染(バッセン)という工程が発生します。

また、入稿データに関して、背景色があるデータは、背景色もそのままプリントされますので、ご注意ください。

以下背景色があるデータの例です。



NG

NG

バッチリ



白色の表現について

T1200プリントでは白色インクを使用しておりません。

ナチュラルボディに関しましてはデータ上で操作の必要はありません。
(厳密に言えばデータ上白色のところはボディの地の色がでます)。

有色ボディに白色を表現したい場合は、抜染の必要があるため、データ上の白い場所に補色を行う必要があります。
抜染で白を表現したいエリアは完全な白ではなく、シアン4%を加えてください。
CMYKカラーの全てが0%ですとプリンターが反応せず抜染できません。



抜染について

1)抜染とは

トート1000では白色インクは使わず"抜染(ばっせん)"という技法を用いて白色を表現します。

また、濃い色のバッグの上に薄い色を乗せる場合にも下地作りのために抜染を行います。

2)色味に関して

白色を表現しようと思った場合、真っ白にはなりません。またバッグの種類や気候、バッグのロットにより色が違う場合がございます。だいたい生成りの色になります。
下地作りとしてバッグの色を漂白インクで抜いたあとに、カラーインクを乗せた場合、プリントの色は生地の色に影響されます。
例えば同じ赤のプリントでも、白色バッグに印刷した場合と黒色バッグを抜染した上にプリントをした場合では、色味が変わる場合がございます。
プリントサンプル写真はこちら

3)印刷範囲に関して

a:四角形の場合  四角形の場合はデザインを問わず、そのまま印刷できます。

b:多角形の場合  星型や円形、多角形の場合、デザイン上のフチが同色で3ミリ以上囲われている必要があります。境界線がはっきりしない場合、上手く漂白が出来ないため、デザインを再現出来ません。

c:境界がグラデーションの場合  境界線がグラデーション(徐々にぼやけていくなど)は、抜染では再現出来ません。

プリント位置とテンプレートについて

プリント位置について


1)プリント位置について

あくまでも目安になります。厳密なご要望があるお客様は備考欄に左辺、右辺などからの長さをご記入ください。

2)色味に関して

白色を表現しようと思った場合、真っ白にはなりません。またバッグの種類や気候、バッグのロットにより色が違う場合がございます。だいたい生成りの色になります。

下地作りとしてバッグの色を漂白インクで抜いたあとに、カラーインクを乗せた場合、プリントの色は生地の色に影響されます。

例えば同じ赤のプリントでも、白色バッグに印刷した場合と黒色バッグを抜染した上にプリントをした場合では、色味が変わる場合がございます。

テンプレートについて
デザイン製作用にテンプレートをご用意いたしました。ご自由にお使いください。
お作りになったデザインデータをテンプレートの上にのせ、保存してください。

※テンプレートが新しくなりました。(2015年9月追記)
旧テンプレートをお使いの場合は、新テンプレートのダウンロードをお願いいたします。

テンプレートをダウンロードする



入稿されるデータに関して

利用規約をよく読み、入稿して頂きますようお願い申しあげます。

利用規約   >

早速注文する


facebook

入稿データについて

よくあるご質問

よくあるご質問